ゴムタイムス70周年の画像
老化防止剤の配合ポイントとその応用のバナー

丸尾カルシウムの15年3月期 増収も営業益23%減少

2015年05月12日

ゴムタイムス社


 丸尾カルシウムの2015年3月期連結決算は、売上高113億9600万円で前期比5・9%増、営業利益は3億4200万円で同22・9%減、経常利益は4億7700万円で同17・6%減、当期純利益は3億2800万円で同15・1%減。

 14年度の同社グループは、中期的な利益拡大を目指した生産体制の充実、合理化を図るための大型設備投資を実行し、稼働させることができた。

 業績については、消費増税による反動減はあったものの、住宅関連市場は堅調に推移し、海外を中心に自動車生産も回復に向かった。

 この結果、増収減益にはなったものの、大幅に増加した減価償却費を吸収して、期初予想を上回る成績を達成することができた。

 2016年3月期の連結業績予想は、売上高が114億円で前期比横ばい、営業利益が2億6000万円で同24・2%減、経常利益が3億3000万円で同31・0%減、純利益が2億2000万円で同33・1%減を見込んでいる。

 不透明な要素もあるが、国内外ともに緩やかな景気回復が期待されており、同社グループでは、国内工場のコスト改善、稼働率の向上、新製品開発に注力していく。

関連キーワード: ·