ゴム・樹脂専門の技術ポータルサイト「ポリマーTECH」

技術セミナー

 弊社では、ゴム・樹脂研究開発者や技術者を対象に技術セミナーを開催しております。そこでは、ゴム金型をはじめ、配合、成形加工技術、混練技術、インサート成形、異種材の接着技術、熱可塑性エラストマーやシリコーンゴム、フッ素ゴムなどの使用方法など、ゴム・樹脂に関する多岐にわたるテーマで、毎月セミナーを開催しています。

  • プラスチックの劣化・耐久性評価法と寿命予測法の基礎と最新評価手法の提案
  • ~プラスチックの信頼性と耐久性、プラスチック劣化の原理、プラスチックの耐熱性、プラスチックの耐水性・耐薬品性、プラスチックの耐環境・応力性、プラスチックの耐候性、寿命予測法、新しい評価手法~
  • 日時:2024年3月5日 10:30~16:30
  • 講師:大石不二夫(神奈川大学名誉教授、帝京大学客員教授 耐久性評価・寿命予測・劣化究明ラボ所長 工学博士)
  • 押出成形の基礎と混練・分散技術
  • ~混練・分散概要 、単軸押出機 、二軸押出機 、関連技術~
  • 日時:2024年3月12日 12:30~16:30
  • 講師:辰巳 昌典(プラスチック工学研究所 技術開発部)
  • 二軸混練押出機の混練技術の変遷と高機能化とナノフィラー分散技術
  • ~混練の概念、混練機・混練技術の変遷、混練機・混練技術の高機能化、二軸押出機におけるフィラー分散のための流動解析技術、ナノコンポジットの最近の動向とナノフィラー分散技術~
  • 日時:2024年3月13日 10:30~16:30
  • 講師:田中 達也 (同志社大学 理工学部 教授 先端複合材料研究センター センター長 )
  • 高分子の結晶の解析手法と結晶化プロセス
  • ~高分子の結晶構造、解析方法、結晶化プロセス、 成形加工と結晶化、最新動向とデータの解析方法~
  • 日時:2024年3月14日 10:30~16:30
  • 講師:松葉豪(山形大学大学院 有機材料システム研究科 教授)
  • プラスチックフィルムの基本と最新技術動向 
  • プラスチックフィルムの現状、用途別フィルムの動向、樹脂特性におけるプラスチックフィルムと添加剤、成形加工技術 、特許状況に基づいた最新のフィルム技術の動向
  • 日時:2024年3月15日 10:30~16:30
  • 講師:八角 克夫(八角コンサルティンググループ 代表 技術士(化学部門))
  • バイオプラスチックの技術動向と将来展望
  • ~環境に優しいプラスチックから、バイオプラスチックの基礎、代表的な生分解性プラ、バイオマスプラの開発動向、海洋生分解性バイオマスプラスチック 、プラスチックによる海洋汚染まで~
  • 日時:2024年3月19日 10:30~16:30
  • 講師:宇山 浩(大阪大学大学院 工学研究科 応用化学専攻 教授)
  • 高分子光学材料の偏光・複屈折の基礎と制御方法
  • 屈折率と複屈折、 複屈折と視野角、 高分子材料の複屈折制御、 低分子を利用したTACフィルムの視野角制御、 ガラス状高分子の光弾性複屈折、 高分子ブレンド・共重合・添加剤による制御の限界、 ポリカーボネートの逆可塑化現象と光弾性係数の関係
  • 日時:2024年3月22日 13:00~16:00
  • 講師:信川省吾 (名古屋工業大学 准教授)
  • 高分子材料の劣化破壊の基礎と寿命予測
  • ~材料の破壊現象、高分子の破壊、高分子の耐久性と寿命予測、破壊とその他劣化現象事例、データサイエンス概論~
  • 日時:2024年3月27日 10:30~16:30
  • 講師:倉地育夫((株)ケンシュー代表、工学博士)
  • ポリイミド樹脂入門 評価法から用途事例まで
  • ~耐熱性樹脂の基礎、ポリイミドの製造方法、ポリイミド(PI)フィルム材料の必要性、5G高速通信FPCに適した回路基板用耐熱材料変性ポリイミド、ディスプレー用ガラス基板代替 透明耐熱プラスチック基板材料、脂環構造に頼らずにポリイミドを透明化する方策~
  • 日時:2024年3月27日 10:30~16:30
  • 講師:長谷川匡俊(東邦大学 理学部化学科 教授)
  • 3Dプリンターによる複合材料成形の最新技術と応用展開
  • ~FRPとは、3Dプリンターを利用した複合材料成形、連続炭素繊維と短繊維系複合材料3D プリンター、連続繊維複合材料3D プリンタ、光硬化系複合材料3D プリンターの海外動向、3Dプリント曲線繊維方向最適化~
  • 日時:2024年3月28日 10:30~16:30
  • 講師:松崎亮介(東京理科大学 創域理工学部機械航空宇宙工学科 教授)
  • ゴムの配合設計と混練技術の勘所・加工工程技術のトラブル対策まで
  • ~ゴム材料の基礎、ゴム配合設計、各種配合剤の種類と特徴、ゴムの加工技術、混合技術、各工程の評価方法、ゴム加工工程でのトラブル対策まで~
  • 日時:2024年3月29日 10:30~16:30
  • 講師:村木 孝夫(村木技術士事務所所長、横浜中小企業技術相談事業技術アドバイザー、技術士(環境部門))
  • プラスチック成形加工の実務と最新成形加工動向 
  • ~プラスチックの基礎、主な成形加工法、日用品にみる活用状況、CFRPの活用拡大などの最新動向、環境問題と企業責任、SDGsへの各企業の動きなど近未来の成形加工~
  • 日時:2024年4月2日 12:30~16:30
  • 講師:高原忠良(株式会社Tech-T 代表取締役 兼埼玉工業大学 先端科学研究所 客員教授(元トヨタ自動車/元サムスン)博士(工学))
  • 脱プラ材料としての紙系材料
  • 紙の構造・物性およびその複合加工
  • 日時:2024年4月2日 10:30~16:30
  • 講師:山内 龍男((株)やまうち七兵衛商会 代表取締役 〈元 京都大学 農学研究科〉)
  • 全固体リチウム電池における界面抵抗の低減と高性能化
  • ~全固体リチウム電池の概要、全固体電池における課題、定量的な界面研究、清浄な界面を形成した全固体電池における界面抵抗起源の探索、 不純物と界面抵抗の関係、界面の定量研究から見た全固体電池の高性能化への期待~
  • 日時:2024年4月3日 12:30~16:30
  • 講師:西尾和記(東京工業大学 応用化学系 特任准教授)
  • 高分子材料の絶縁破壊・ 劣化メカニズムと劣化診断技術の高度化
  • ~高分子の絶縁劣化の考え方と診断手法の基礎、CVケーブルおよびOFケーブルの劣化診断手法、油入変圧器の劣化診断手法、回転機の劣化診断手法、ガス絶縁機器の劣化診断手法、IoTやAIの劣化診断への活用~ 
  • 日時:2024年4月16日 10:30~16:30
  • 講師:岡本 達希(関東学院大学(電力中央研究所 名誉研究アドバイザー))
  • 国内外の循環型パッケージの技術動向と最新トレンド
  • ~循環型パッケージとは、EU2022/1616の世界の包装に与える影響、メカニカルリサイクルの事例と課題と各種方法、脱インクとデラミネーション技術、バリアー性包材及び新しい素材の開発、包装製品のトレーサビリティ~
  • 日時:2024年4月17日 12:30~16:30
  • 講師:住本 充弘(すみもと みつひろ 住本技術士事務所 所長) 
  • ゴム金型構造の基礎と完成度の高い金型作製の勘所
  • ~ゴム金型構造の種類、ゴム金型構造選びの注意点、製品の寸法精度とゴムの収縮性、キャビティ配置の仕方、バリ仕上げの方法~
  • 日時:2024年4月18日 10:30~16:30
  • 講師:大坪一夫(ゴム技術コンサルタント)
  • リチウムイオン二次電池の基礎とバインダーの役割
  • ~電池の基礎の基礎、ボルタ電堆からリチウムイオン二次リチウム電池へ、電池を構成する材料と役割、バッテリーを構成する材料バインダー、バインダーが電池で果たす役割、バインダーの働き、バインダーの種類、電池性能とバインダー~
  • 日時:2024年4月19日 10:30~16:30
  • 講師:立花和宏(山形大学 学術研究院 准教授)
  • 熱可塑性エポキシ樹脂の基礎と応用事例と最新動向 
  • ~熱可塑性エポキシ樹脂の基礎、 新しい樹脂のコンセプト、原料樹脂の温度-粘度の関係、熱可塑性エポキシ樹脂の優れた機械的強度、 熱可塑性エポキシ樹脂の応用、動的粘弾性、 リサイクル・リユース性について、耐薬品性、自動車用安全部材として採用、層間せん断試験まで~
  • 日時:2024年4月23日 12:30~16:30
  • 講師: 辻村 豊 (合同会社 播羊化学研究所 代表社員 )
  • 水素吸蔵材料の基礎と応用および最新開発動向
  • ~カーボンニュートラルと水素エネルギー、水素吸蔵材料の基礎、様々な水素貯蔵材料とその応用、水素エネルギーと水素吸蔵材料の経済性~
  • 日時:2024年4月23日 13:30~16:30
  • 講師:市川貴之(広島大学 教授)
  • プラスチック材料特性と効率的に学ぶ設計実務入門
  • ~プラスチック材料の基礎知識から、物性表から読み取る設計のポイント、トラブルを防ぐ!プラスチックの応用特性と設計方法まで~
  • 日時:2024年4月24日 10:30~16:30
  • 講師:田口宏之(田口技術士事務所 代表)
  • プラスチック材料の混練・分散プロセスの解析と評価
  • ~混合の基礎論、溶融混練と押出機の概説、事例にみる混練・分散プロセスの解析と評価、二成分系混合物、フィラー、シミュレーションを利用した評価事例紹介、今後の課題~
  • 日時:2024年4月25日 12:30~16:30
  • 講師:田上秀一(福井大学工学部 繊維・マテリアル研究センター長 教授)

もっと見る

技術情報誌「ポリマーTECH」掲載記事

もっと見る


もっと見る


ゴム・樹脂に関するコラム

もっと見る


技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー