ゴムタイムス70周年の画像

152億ユーロで4%減収 BASFの1~6月期

2019年07月31日

ゴムタイムス社


 独BASFの2019年第2四半期業績は、売上高が152億ユーロで前年同期比4%減、特別項目控除前EBITDAは同27%減の20億ユーロ、特別項目控除前営業利益は同47%減の10億ユーロとなった。

 19年第2四半期は、主にイソシアネートとクラッカー製品事業の影響により、販売価格が2%下落した。販売量は6%減。ニュートリション&ケアを除いた事業セグメントで販売量が減少し、ケミカル事業セグメント、アグロソリューション事業セグメントで、最も減少が顕著となった。

 同社は厳しいマクロ経済環境を考慮し、同社グループの2019年の見通しを7月8日に修正し、売上高は微減、特別項目控除前営業利益は最大30%の大幅減になると予測。2019年通年の投下資本利益率(ROCE)は、前年を大幅に下回ると見込んでいる。

関連キーワード: ·