ゴムタイムス70周年の画像
基礎から学ぶゴムと金属の加硫接着技術のバナー

タイヤ4社1~6月期詳報 地域別業績 アジア・米で販売堅調 国内は収益に明暗

2018年08月31日

ゴムタイムス社


 ◆ブリヂストン
 ブリヂストンの18年12月期第2四半期連結決算は、売上高が1兆7754億円で前年同期比2%増、営業利益は1994億円で同1%減となった。
 地域別では、日本は売上高が5494億円で同3%増、営業利益は721億円で同11%増、米州は売上高が8610億円で前年同期並み、営業利益は893億円で同1%減、欧州・ロシア・中近東・アフリカは売上高が2951億円で同9%増、営業利益は56億円で同6%増、中国・アジア大洋州は、売上高が3209億円で同3%増、営業利益は325億円で同7%減となった。

 ◆住友ゴム
 住友ゴム工業の第2四半期は、売上収益が4254億円で同5%増、事業利益は269億円で同23%増となった。
 地域別では、日本の売上収益が1827億円で同68億円増、事業利益は66億円で同19億円増、アジアは売上収益が837億円で同29億円増、事業利益は142億円で同29億円増、その他は売上収益が1590億円で同123億円増、事業利益は61億円で3億円増だった。

 ◆横浜ゴム
 横浜ゴムの第2四半期は、売上収益が3097億円で同2%増、事業利益は238億円で同10%増となった。
 地域別売上については、日本は、タイヤが869億円で同17億円増、MBが342億円で同5億円減、ATGが1億円で前年並み。北米は、タイヤが560億円で同28億円減、MBが102億円で同1億円増、ATGが162億円で同23億円増。アジアは、タイヤが355億円で同15億円増、MBが

本文:約899文字