ゴムタイムス70周年の画像
よくわかるゴム・プラスチック混練技術の基礎から応用のバナー

アキレスの18年3月期 シューズ不振もプラ事業は増収増益

2018年05月10日

ゴムタイムス社


 アキレスの2018年3月期連結決算は、売上高が879億1000万円で前期比1・1%増、営業利益は23億4300万円で同7・6%減、経常利益は27億6900万円で同7・8%減、当期純利益は22億8400万円で同15・7%増だった。

 シューズ事業では、ジュニアスポーツシューズブランド「瞬足」で新商品を投入し拡販に注力したが、海外ブランドの台頭などで売上は前年を下回ったことなどで、シューズ事業全体では前年売上を下回った。この結果、同事業の売上高は157億3900万円で同11・3%減、セグメント損失(営業損失)は7億7000万円(前期は12億7700万円のセグメント損失)となった。

 プラスチック事業については、車輌内装用資材は、国内・中国向けが採用車種の増産により伸長。フイルムの国内は、内需関連が電材用で好調で、前年売上を上回った。輸出は、欧州向け窓用が好調で前年売上を上回った。北米事業は、産業用が好調だったが医療用で苦戦し、前年売上を下回った。農業分野は、生分解性製品が好調。

 これらの結果、同事業の売上高は413億2600万円で同4・3%増、セグメント利益(営業利益)は36億300万円で同2・0%増となった。

 産業資材事業の売上高は308億4400万円で前期比4・3%増、セグメント利益(営業利益)は20億6700万円で同18・2%減となった。

 19年3月期の業績見通しは、売上高は880億円で前期比0・1%増、営業利益は22億円で同6・1%減、経常利益 は26億円で同6・1%減、親会社株主に帰属する当期純利益は18億円で同21・2%減を見込んでいる。

関連キーワード: ··