山本眞が考える「これからの中小企業の在り方」第9回

2014年08月31日

ゴムタイムス社

 やっと8月が終わり多少朝晩は秋の気配が漂って参りました。今回は前回迄にお話をした資金繰りを如何に会社の発展に繋げるかのお話し致します。

 先ず、以前に作成した資金繰り表と実際に行った資金繰りの実績を比べます。

 この予定したものと実績値を比べる事で細かい数字が出てきて、どこが未入金なのか、何が余分に支出したのか等が良く解ってきます。そして来月以降はどの様な資金繰りの改善を図らなければ成らないかを理解することが出来ます。またこれにより、銀行からの借り入れが必要か、売掛金の回収を急がなければならないか、延ばせる支払はどれなのか、早く支払った方が有利な取引が出来るのか等を判断する事が出来ます。例えばここでもし資金が余り、借入先で短期借りいれをしている場合は事前に返済をします。これにより、金融機関との交渉をよりスムーズかつ有利に進めることが出来る様になります。また、短期で借りているものであれば

山本眞が考える「これからの中小企業の在り方」第9回

キーワード: