日本バルカー、3月期第2四半期決算

2013年10月24日

ゴムタイムス社

増益 シール製品は堅調推移

 日本バルカー工業の2014年3月期第2四半期連結決算は、売上高が194億2000万円で前年同期比1・5%減となり、営業利益が10億4000万円で同3・1%増、経常利益が10億1900万円で同3・9%増、四半期純利益は6億1200万円、同3・6%減となった。セグメント別の業績では、シール製品事業については、自動車市場向けが堅調に推移し、半導体・産業機械向けの一部にも回復の兆しが見られたものの、国内プラントメンテナンス市場縮小の影響を受け、売上高が136億8600万円で同3・7%減、営業利益は11億1600万円、同10・6%減となった。通期の連結業績予想は、売上高が390億円で前期比3・2%増、営業利益が20億円で同61・2%増、経常利益が19億円で同40・1%増、純利益が11億円で同31・3%増を見込んでいる。

関連キーワード: