ブリヂストン 年頭訓示 ROA6%の達成を目指す

2012年01月17日

ゴムタイムス社

 ROA6%の達成を目指す

 2012年を迎え、これから申し上げる2つの点に関する私の思いをご理解いただき、今年の一人ひとりの行動に確実に落とし込んでいただきたい。
 1つはグループ業績目標について、一貫して掲げてきたタイヤ会社・ゴム会社として「名実共に世界一の地位の確立」を目指すという経営の最終目標達成に向けて非常に重要な年である。当面の経営目標として、2012年にROA6%を達成するというメッセージを社内外に発信し続けてきた。ROAを重視し、その数値目標を定めているのは、達成に向けて努力することが自動的に質の高い事業につながり、目指す姿に最短距離で近づいていくことを確信しているからだ。
 2つ目は、CSRの重要性を申し上げてきたが、我々は「CSR22の課題」として整理されたそれぞれの領域で目標を設定し、その実現のための施策をグループの中計や予算におり込んでもらっている。一方で、まだ改善すべき領域があり、それを主管するGMPと全ての現場の方々の最大限の努力により、目標とする水準に到達していきたい。

関連キーワード: ··