ニチリン インドネシアに生産拠点

2011年02月21日

ゴムタイムス社

 ㈱ニチリンは2月17日、インドネシアのジャカルタ郊外の西ジャワ州に自動車用ホースの製造・販売子会社「ニチリン・インドネシア」(100%出資)を4月に設立すると発表した。 インドネシア市場は力強い内需による高い経済成長を続けており、BRICs に次ぐ市場として、近年注目を集めており、また、同国二輪車市場は人口、国民所得の増加、交通インフラ整備の進行を背景に順調に拡大を続けている。 ニチリンは、インドネシアでは地場ミトラメタル・プルカサにホース部品の販売と技術供与をしてきているが、顧客ニーズに、より的確に、より迅速に対応するため、同国に新たに会社を設立するもの。 新会社の資本金は3億2000万米ドル(約268億円)。現法近くの工業団地に工場を建設し、主に二輪・自動車向けのホースを製造し、インドネシア国内 に出荷する。12年6月には操業を開始する予定。インドネシア法人の設立でASEAN地域の事業を強化し、中国、インドなどその他アジア市場とのシナジー 効果を狙う。