ニチリン 12月期第3四半期

2010年11月24日

ゴムタイムス社

ニチリンの2010年12月期第3四半期連結決算は、売上高269億9800万円、前年同期比36・2%増の増収となり、営業利益は12億6800万円、経常利益12億6500万円、四半期純利益8億1100万円と前年同期の損失から黒字化した。

北米の売上高は60億9800万円、アジアの売上高は55億1300万円、その他(欧州)の売上高は7億6500万円となった。
利益面は、販売増に対して同社グループ間での製品相互補完等により労務費・経費を抑えた結果、5月下旬以降の円高の影響がみられたが、営業、経常、純利益とも大幅増となり、黒字化した。
地域別業績では、日本の営業利益は5億400万円、北米の営業利益は1億1100万円、アジアの営業利益は6億9400万円、その他(欧州)の営業利益は1800万円となり、全地域で黒字を計上した。
第4四半期は、1995年来の急激な円高、低調な株価の影響を受けるとともに、業績改善に向けて取り組んでいるカナダ子会社の業容改革に伴う費用等を勘案し、通期の連結業績予想を修正した。
修正後の予想は、売上高360億円、営業利益15億円、経常利益14億円、当期純利益7億円を見込み、収益は黒字化を計画している。

関連キーワード: