ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー

丸尾カルシウムの4~12月期 営業利益が1・5倍に

2016年02月08日

ゴムタイムス社


 丸尾カルシウムの2016年3月期第3四半期連結決算は、売上高は89億5400万円で前年同期比6・6%増、営業利益が3億3300万円で同48・3%増、経常利益は4億1200万円で同23・2%増、親会社株主に帰属する四半期純利益は、2億8000万円で同22・8%増となった。

 グループ製品の売上高は前年並みとなったが、取扱商品については、新たな商流の開拓により順調に増加している。

 営業利益に関しては、販売価格の上昇、省エネなどによる生産コストの改善により前年同期に比べ1・5倍になった。

 経常利益は為替差益や、デリバティブ取引終了に伴う関係評価損益の減少などにより同2割増となっている。

 通期の連結業績予想については、全ての項目で上方修正し、売上高は118億円で前期比3・5%増、営業利益が3億5000万円で同2・1%増、経常利益が同10・0%減、親会社株式に帰属する純利益が2億9000万円で同11・8%減を見込んでいる。

本文:約391文字

関連キーワード: ·

導電性カーボンブラック(ゴム・プラスチック用)の特徴と活用方法、トラブル対策のバナー
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー
見て触って理解する熱可塑性エラストマーのバナー