【シリコーンゴム特集】旭化成ワッカーシリコーン エアバッグコート材のカスタマイズ化推進

2015年09月04日

ゴムタイムス社

 旭化成ワッカーシリコーン(二宮聖社長)は自動車エアバッグ材料事業を強化するため、昨年11月につくば事業所・技術センター内にワッカーグループのエアバッグ用シリコーン開発の中心拠点となる技術センターを開設した。アジアを中心に需要が拡大する自動車用エアバッグ基布のコーティング材の拡充・強化を図る。

 同社はつくば事業所で生産する熱硬化型、室温硬化型、熱硬化型液状のシリコーンエラストマー製品及びドイツ・ワッカーケミー社からの輸入製品を国内及びアジアに販売している。

  近年、注力

全文:約1077文字

【シリコーンゴム特集】旭化成ワッカーシリコーン エアバッグコート材のカスタマイズ化推進

キーワード: ·