ゴムタイムス70周年の画像

三菱ケミカルHD 2015年度入社式を開催

2015年04月01日

ゴムタイムス社


 三菱ケミカルホールディングスは2015年度入社式を開催した。

 新入社員に対して、越智仁社長のあいさつは以下の通り。

 世界人口の激増と水・食料資源の枯渇、温暖化ガス排出の増加と深刻な気候変動、数百年後に迫ったエネルギー資源の枯渇、特に日本で先行している国民の高齢化と医療費の増加――これらの事実は、地球環境と人間社会のサステナビリティ(持続可能性)が、今や深刻な危機に陥っていることを示している。

 一方、私たちを取り巻く事業環境に目を転ずれば、中国における過剰生産などを背景にグローバル競争はますます熾烈化し、新興国も強力なライバルとなる中、新製品の研究開発は容易ではなくなっている。また、日本企業はエネルギー・原料コストの高さという悪条件を強いられていることもあって、収益力は低迷している。

 このような状況下、当社は、単なるモノづくりを脱却して、情報やサービスを組み合わせたコトづくりへ進化することによる価値・競争力の創出、すなわち「差異化」と、「Sustainability(環境・資源)・Health(健康)・Comfort(快適)」を判断基準とした「イノベーション」によって、厳しい企業間競争を勝ち抜くことを目指している。

 そして当社は、確かな技術力をベースとしたイノベーションにより革新的な製品やサービスを創出し、多くの環境・社会課題を解決して、人類・社会・地球のサステナビリティ向上に貢献することで、結果としてしっかりと利益を上げる――という総合的な「KAITEKI 価値」を追求する、「THE KAITEKI COMPANY」を旗印に掲げている。

 地球環境と人間社会の持続可能な発展のために「KAITEKI価値」を提供し、自らも大きく成長することを使命とする「THE KAITEKI COMPANY」――私たち三菱ケミカルホールディングスグループの一員となった新入社員の皆さんには、次の3点を深く心に刻んでほしい。

 1 「KAITEKI」は私たちの仕事そのものである。

 2 世界の競争は厳しい。世界に目を向け、挑戦することなくしては、生きていけない。

 3 自分を磨くとともに、当社グループの豊富な技術・人材を徹底的に知り、大いに活用すること。

 真にグローバルな「THE KAITEKI COMPANY」を構築するため、新入社員の皆さんの積極果敢なチャレンジに期待する。