ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック・粘/接着製品の寿命予測と劣化加速の設定手法のバナー

ゴム相場マンスリー 先限は再び200円台を割り込む(14年8月)

2014年09月08日

ゴムタイムス社


【統計表2点あり】

 8月の東京ゴム相場の推移を見ると、先限(15年1月限)の終値は208円台からスタートし、じりじりと下げて13日以降、一気に196円台まで落ち込んだ。その後、18日に国際ゴム研究会(IRSG)が15年の世界ゴム在庫の供給余剰が14年よりも減少するとの見通しを示したことなどから、相場は200円台を回復したものの、月末には再び大台を割り込んだ。

 当限(8月限)は一時180円台前半まで下落したが、納会直前に上昇して190円ちょうどで25日の納会を迎えた。26日発会の新甫2月限は、

本文:573文字

写真・表・グラフあり

関連キーワード: