【化工品事業特集】ブリヂストン タイヤ技術活かし独自の価値創造

2014年07月15日

ゴムタイムス社

ブリヂストン タイヤ技術活かし独自の価値創造

 

特集記事

「選択と集中」で事業拡充

  ブリヂストン(津谷正明CEO)は、14年を初年度として5年間にわたる「中期経営計画2013」(2013MTP)を策定した。
 津谷CEOは、2013MTPについて「経営改革の重要なツールであり、基本姿勢であるLean&Strategicとグループ・グローバル最適を浸透させる上で重要な役割を果たしている」 と位置付けた。
 2013MTPにおいて、同社は「真のグローバル企業」と「業界において全てに『断トツ』」を目指し、「グローバル企業文化の育成」「グロ・・・続きを読む

免震ゴム外観

グラフ化工品事業の事業規模

13年度化工品、売上2700億円

 同社の化工品事業には、免震ゴムを含むインフラ事業、ベルト事業、ホース事業、ゴムクローラ事業、防振ゴム事業、樹脂配管事業、化成品事業、封止材フィルム事業の8事業がある。
 13年度化工品事業の売上実績は、免震、ベルト、ホースなど各事業好調により前期比2ケタ増の2700億円となった。また14年度第1四半期は、消費増税による駆け・・・続きを読む

津谷CEOとバッハIOC会長

五輪の公式パートナーに

 ブリヂストンは国際オリンピック委員会(IOC)との公式パートナー契約に関する調印を行った。同社が締結したのは、最高レベルのグローバルスポンサーシップである「TOP(The Olymlic Partner)」プログラムで、夏季・冬季オリンピックと関連活動をグローバルで支援する一方、五輪マークを自社製品の宣伝・広告に使用するなど・・・続きを読む

事業別記事

ベルト事業

搬送を通じて生活を支える

 搬送用コンベヤベルトをメインとする同社のベルト事業は、使用条件により中・長距離向けの「スチールコードコンベヤベルト」と、短・中距離向けの「帆布コンベヤベルト」
 ・・・続きを読む

コンベヤベルト

ホース事業

建機性能決める高圧ホース

 同社ホースの歴史は、1937年のゴムホース(編上)生産開始に始まり、60年代には高圧用ホース技術を確立した。現在、高品質・高耐久の油圧ホースを軸とした製品を中心にグローバル・・・続きを読む

油圧用高圧ホース

インフラ事業(免震ゴム)

免震体験車で認知度向上

 同社は1980年代初頭に免震ゴムの開発に着手し、1983年に天然ゴム系積層ゴムの商品化に成功した。
 13年実績では、インフラとして重要な建物(官公庁舎、病院等)を中心に400棟の・・・続きを読む

免震体験車

防振ゴム事業

総合力駆使し新たな提案を

 防振ゴムには、エンジンの振動をボディに伝えないようにする「エンジンマウント」や、路面から発生する振動を防止する「サスペンションブッシュ」などがある。1台の自動車には、40〜50個・・・続きを読む

防振ゴム

ゴムクローラ事業

東北の除染車両全車に装着

 「ゴムのキャタピラ」と呼ばれるゴムクローラは、現在、世界シェアの30%を持つトップ企業としてグローバルに展開している。
 ゴムクローラは路面保護や騒音・振動の軽減により・・・続きを読む

ゴムクローラ

封止材フィルム事業

タイヤ接着技術を活用

 太陽電池用封止材「EVASKY」が主力製品。封止材には太陽光発電を行う「セル」を守り、各部材をしっかり接着し、太陽光を無駄なく透過する性能と・・・続きを読む

EVASKY

化成品事業

通気量制御で多様な製品展開

 軟質ウレタンフォームとEPDM発泡体を軸とした製品群を取り扱う。
 発泡ゴムの技術をウレタン技術に応用。その後、難燃化、導電化等を付加して自動車用シートパッド・・・続きを読む

細かいセルと粗いセル

樹脂配管事業

現場の省力化に寄与

  同社は樹脂配管・ワンタッチ継手で25年の実績を持つパイオニア。金属管や塩ビ管を樹脂管に置き換えることで、衛生的な水を提供でき、給水・給湯にも兼用可能。
 注力商品・・・続きを読む

らく楽パイプ

本文:1471文字

【化工品事業特集】ブリヂストン タイヤ技術活かし独自の価値創造

キーワード: