ゴムタイムス70周年の画像
1日速習セミナー!プラスチック材料の全体がわかるのバナー

ブリヂストン 「ラベリング制度」最高グレード達成タイヤを開発

2011年11月29日

ゴムタイムス社


  ㈱ブリヂストンは、11月29日「ラベリング制度」において、最高グレード(低燃費グレード:AAA、ウェットグリップ性能:a)を達成する技術の開発に成功したと発表した。
 「ラベリング制度」において最高グレードを達成する技術を搭載したタイヤは、タイヤの観点から、より環境に貢献する技術として、同社が開発を進めているもので、2012年7月頃の発売を予定しており、商品名は「ECOPIA EP001S(エコピア イーピーゼロゼロワンエス)」とする予定。
 「ECOPIA EP001S」の特徴
 同社独自の材料技術である「NanoPro-Tech(ナノプロ・テック)」と、モータースポーツ用タイヤ開発で培ったグリップ向上技術を融合。また、新開発のグリップ向上パタンと組み合わせることで、相反する性能である転がり抵抗とウェットグリップ性能を極めて高いレベルで両立させることに成功している。