ゴムタイムス70周年の画像

ポリエステルフィルム能増 三菱ケミがインドネシアで

2019年09月11日

ゴムタイムス社


 三菱ケミカルは9月10日、100%子会社のMC・PETフィルム・インドネシア(MFI)において、ポリエステルフィルムの生産能力増強を行うと発表した。投資額は約1億3000万USドルで、2021年末の完成を予定している。

 ポリエステルフィルムの市場は、従来からの同社主用途であるディスプレイ等に使用される光学用途分野が今後も成長を継続することが予想されることに加え、自動車の電子化、5G対応のための基地局増加や通信機器の高度化などを背景とした積層セラミックコンデンサ(MLCC)を始めとする電子部品の急増に伴い、それらの製造工程向けの需要の成長も著しい。MFIでは、こうした市場の旺盛な需要を満たすべく、これまでも既存プラントの効率的な運用等で対応してきたが、今後さらなる需要拡大が予測されることから、今回、既存設備に加え、2万5000t/年規模の製造ラインを新設することを決定した。

 同社は、日本、中国、インドネシア、米国、ドイツの5拠点で光学用途、工業用途や包装材料用途向けポリエステルフィルムを製造している。現在、欧州で主に工業用途向けポリエステルフィルムの需要が大きくなっており、生産体制の拡充を検討している。その他の地域についても、用途毎の需要に応じて生産体制を拡充し、ポリエステルフィルムのリーディングカンパニーとして積極的な事業展開を図っていくことにしている。