ゴムタイムス70周年の画像

工業用ゴム事業は5割減益 朝日ラバーの4~6月期

2019年08月08日

ゴムタイムス社


 朝日ラバーの2020年3月期第1四半期連結決算は、売上高が17億9600万円で同7・6%減、営業利益は7200万円で同56・8%減、経常利益は7200万円で同59・3%減、親会社株主に帰属する四半期純利益は5100万円で同58・3%減となった。

 セグメント別に見ると、工業用ゴム事業の売上高は15億800万円で同9・7%減、セグメント利益は1億500万円で同49・3%減となった。
 同事業では、自動車内装照明用のアサカラーLEDの受注は減少したものの、緩やかな回復基調が見られる。自動車用精密ゴム製品では、自動車スイッチの防水用パッキン等の受注は減少したが、自動車内装スイッチの接点ラバーは新規の受注が増加した。また、認証・認識ビジネスに対応するRFIDタグ用ゴム製品の受注は顧客の販売状況及び新旧製品の入替に伴う現行品の在庫調整等の影響により減少した。

 医療・衛生用ゴム事業の売上高は2億8700万円で同5・9%増、セグメント利益は4100万円で同6・0%増となった。
 同事業では、採血用・薬液混注用ゴム栓において新製品への入替が進み、新たに投入した製品の受注が好調に推移した。
 
 通期の連結業績予想の変更はなく、売上高が78億1000万円で前期比1・3%増、営業利益が464億円で同4・1%減、経常利益が466億円で同8・4%減、当期純利益が332億円で同5・8%減を見込んでいる。

関連キーワード: ·