ゴムタイムス70周年の画像

米中摩擦や配当に質問 ゴム上場企業の株主総会

2019年07月22日

ゴムタイムス社


 2019年3月期決算のゴム上場企業による株主総会が6月中旬より順次開催された。株主から質問があったのは14社。出席した株主からは深刻化する米中貿易摩擦が業績に与える影響や、原材料高騰への取り組み、買収企業の経緯、配当などについて質問があり、株主総会の平均所要時間は約57分となった。

6月14日
 豊田合成
 愛知県稲沢市の同社サンコートイーストで株主259人(委任状含む、以下同)が出席。自動車業界の技術革新に対する取り組みや女性活躍推進への取り組み、米中貿易摩擦の影響についてなど9人から質問があり、1時間24分で終了した。

6月18日
 JSR
 東京都港区のコンラッド東京にて開催し、株主356人が出席した。2人から質問があり、1時間で終了した。

6月20日
 住友理工
 名古屋市中区のヒルトン名古屋で開催し、株主219人が出席。Anvis社の買収経緯と今後の展望、減損の詳細な内容、新事業の取り組みなど6人から質問があり、1時間10分で株主総会は終了した。

 バルカー
 東京都品川区の本社大会議室にて株主157人が出席した。剰余金配当、米中貿易摩擦

全文:約1826文字