ゴムタイムス70周年の画像

住友ゴムのタイヤ安全点検 空気圧の過不足が25%に

2019年05月16日

ゴムタイムス社

 住友ゴム工業は5月14日、「ダンロップ 全国タイヤ安全点検」を4月6日に全国47会場で実施したと発表した。

 今回の点検では平井理央さんを「タイヤ安全点検一日大使」に任命するとともに、来場者にタイヤ点検の重要性を呼びかけるなどの啓発活動を行った。この安全点検の結果、燃費の悪化や走行性能の低下、偏摩耗の原因となる「空気圧の過不足」が最も多く、4台に1台程度の割合で確認された。

 タイヤ点検は、タイヤに起因する事故の未然防止を目的に、装着されているタイヤの空気圧、残溝、表面の損傷などの点検を行うもので、2008年から継続して実施している。今回は計3014台のタイヤ点検を実施した結果、タイヤの整備不良率は35・0%だった。不良別では空気圧の過不足が25・2%と依然として高い割合で、残溝不足が7・3%、表面の損傷が6・7%、偏摩耗が5・2%と続いた(各不良率は重複を含む)。

 今回埼玉県の会場においては、タイヤ安全点検一日大使に任命された平井理央さんが、来場者にタイヤ安全点検の案内や、日頃のタイヤ点検の重要性を呼びかけた。

 タイヤは適正な空気圧を維持することで本来の性能を最大限発揮することができ、安全なドライブにもつながる。同社はブランドメッセージ「事故のない毎日をつくりたい。」のもと、引き続きタイヤ点検の重要性を呼びかけ、より安全なモビリティ社会の実現を目指していくとしている。

 

「タイヤ安全点検一日大使」に任命された平井理央さん

「タイヤ安全点検一日大使」に任命された平井理央さん

タイヤ点検活動の様子

タイヤ点検活動の様子

関連キーワード: ·