ゴムタイムス70周年の画像
知っておきたい フッ素ゴムの基礎と応用のバナー

プラ事業は増収減益 アキレスの4~12月期 

2019年02月08日

ゴムタイムス社


 アキレスの2019年3月期第3四半期連結決算は、売上高が643億2800万円で前年同期比1・8%減、営業利益は14億1700万円で23・2%減、経常利益は18億7900万円で同13・2%減、親会社株主に帰属する四半期純利益は2億9000万円で同84・5%減となった。

 シューズ事業の売上高は99億2500万円で同12・5%減、セグメント損失は6億8800万円(前年同四半期はセグメント損失8億4600万円)となった。

 同事業では、ジュニアスポーツシューズブランド「瞬足」は新商品を投入し拡販に注力したが、海外ブランドの台頭などで前年売上を下回った。なお、競合他社との競争激化で営業利益はマイナスが続いており、固定資産の減損損失を計上した。

 プラスチック事業の売上高は310億100万円で同0・9%増、セグメント利益は25億400万円で同11・5%減。

 分野別では、車輌内装用資材は、米国および中国向けは自動車市場の減速、国内向けは自然災害による自動車メーカーの減産を受け、売上は前年を下回った。

 フイルムは、国内は産業用でステッカー・建材用が苦戦し、前年売上を下回ったが、輸出は産業用と窓用が好調で売上は増加。北米事業は、文具用などが好調で前年売上を上回った。

 引布商品は、排水管用ジョイントおよび原反販売が伸長したものの、前年売上を下回った。

 産業資材事業の売上高は234億100万円で同0・1%減、セグメント利益は15億700万円で同14・1%減。このうち、ウレタンは、車輌・寝具・雑貨用など主力製品が好調に推移し、前年売上を大幅に上回った。

 通期の連結業績予想については、18年11月7日に発表した数値をそれぞれ下方修正した。それによると連結売上高は860億円で前期比2・2%減、営業利益は12億円で同48・8%減、経常利益は18億円で同35・0%減、親会社に帰属する当期純利益は2億円で同91・2%減を見込んでいる。

関連キーワード: ·

材料開発・品質改善に役立つゴム・エラストマー分析のバナー
導電性カーボンブラック(ゴム・プラスチック用)の特徴と活用方法、トラブル対策のバナー
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー
有機ゴム薬品と配合設計における入門講座のバナー