ゴムタイムス70周年の画像
よくわかるゴム・プラスチック混練技術の基礎から応用のバナー

【社告】ゴム薬品の入門書「ゴム薬品の配合処方」発売

2018年02月02日

ゴムタイムス社

 弊紙では、このほど初心者にもわかりやすいゴム薬品の入門書「はじめてでもわかるゴム薬品の配合処方」を発売いたしました。

 これまでゴム薬品に関する書物および総説が多く出版されていますが、内容はどれも非常に重要であるものの、実際の配合研究は何から着手してよいのか、あるいは研究段階や実用段階で発生した問題を解決するためにどのような配合処方を検討すればよいのか技術者の頭を悩ますことも少なくないことも事実です。これはこれまでの書物や総説が原料ゴムに軸足を置いてゴム薬品の配合処方を紹介しており、ゴム薬品の相互比較や差別化に言及した書物が見当らないことに起因していると考えられます。 

 そこで、本書ではゴム薬品に軸足を置き、各項目を見開き完結のわかりやすい説明として、初級者でもよく理解できるようにゴム薬品の配合処方を解説しています。

 ◇第1章 ゴムの加工技術と配合処方◇第2章 素練り促進剤の相互比較、活用例、疑問◇第3章 加硫促進剤の相互比較、活用例、疑問◇第4章 加硫剤、活性剤の相互比較、活用例、疑問◇第5章 アミン系老化防止剤の相互比較、活用例、疑問◇第6章 フェノール系老化防止剤の相互比較、活用例◇第7章 二次老化防止剤の相互比較、活用例◇第8章 オゾン劣化防止剤の相互比較、活用例◇第9章 ゴム薬品の物性と安全衛生性情報 ゴム薬品の揮発性/ゴム薬品の溶解性/ゴム薬品の示差、熱分析/ゴム薬品の特性値と安全衛生性情報

 ◇著者/太智重光:京都工芸繊維大学大学院工業化学科修士課程修了。大内新興化学工業㈱を経て、現在はゴム薬品コンサルタントとして活躍。
A5判 358頁、定価4800円(税別・送料200円)

 

関連キーワード: ·