ゴムタイムス70周年の画像

ブリヂストン 東京五輪の自転車日本代表に機材供給

2017年10月11日

ゴムタイムス社


 ブリヂストンは10月10日、東京・広尾の同社グローバル研修センターで、東京オリンピックでの自転車供給に関する日本自転車競技連盟(JCF)との合意について記者発表会を開催した。

 西山麻比古副社長と関口匡一ブリヂストンサイクル社長、橋本聖子JCF会長が登壇したほか、JCFの中野浩一選手強化委員長と、日本代表チームのブノワ・ヴェトゥ短距離ヘッドコーチも出席した。

 合意内容は、日本代表自転車競技チームが東京オリンピックの「ケイリン」「スプリント」「チームスプリント」の単距離3種目で使用する自転車を、同社が供給するというもの。日本代表コーチの協力の下、ブリヂストンサイクルと同社が共同で開発し、ブリヂストンサイクルが製造する。

 最初にあいさつを行った橋本会長は「世界の技術を誇るブリヂストンの機材と選手が1つになり、オールジャパン体制で2020を迎えるチャンスをもらえたと思っている」と述べた。

 続いて西山副社長があいさつし「スポーツの祭典であるオリンピックは、同時に科学や技術の競争の場でもある。地元開催のオリンピックに、日本企業として、日本の技術で代表チームをサポートすることをうれしく思う。総力を挙げてチャレンジしていきたい」と抱負を語った。

 関口ブリヂストンサイクル社長は機材開発の考え方について説明。短距離競技用自転車の開発に当たっては

本文:835文字