ゴムタイムス70周年の画像

ブリヂストン オリンピック日本チームのトラック競技用自転車を供給

2017年10月10日

ゴムタイムス社

 ブリヂストンは10月10日、公益財団法人日本自転車競技連盟(以下、JCF)と同社グループ会社のブリヂストンサイクルが、東京2020オリンピックで日本代表自転車競技チームがトラック短距離競技で使用する自転車の供給に向けて、共同で開発を進めることに同日、合意したと発表した。

 今回、東京2020オリンピック自転車トラック競技で機材を供給する種目は、「ケイリン」「スプリント」「チームスプリント」の3種目。これら種目で日本代表選手が使用する機材について、日本代表コーチ協力のもと、ブリヂストンサイクルの自転車開発技術にブリヂストン中央研究所の解析技術などを活用し、ブリヂストンサイクルとブリヂストンが共同で開発、ブリヂストンサイクルが製造し供給する。

 JCFは、東京2020オリンピックでのメダル獲得を目指して強化を進めている。勝利に貢献する競技用機材を、高い技術力を持つ日本企業に開発してほしいと考え、今回の合意に至った。

 ブリヂストンサイクルは、日本の自転車ビジネスを代表する企業であり、半世紀以上の歴史を持つ自転車競技チームを有しオリンピックなどの様々な大会で勝つための自転車を開発してきた。同社とブリヂストンサイクルは、両社の技術力を結集し良い成績に結びつく自転車を供給することで、日本企業として日本代表のメダル獲得に向け貢献していく。

 なお、同社は、2014年より国際オリンピック委員会(IOC)のワールドワイドオリンピックパートナー。様々な困難を乗り越えながら夢に向かって挑戦し続けるすべての人の挑戦・旅(ジャーニー)を支えていくという思いを表現した「CHASE YOUR DREAM」をテーマに、事業活動を通じてオリンピックをサポートしている。

関連キーワード: ·