TPE特集 三菱ケミカル 自動車分野での基盤強化 「テファブロック」で新グレード

2017年09月08日

ゴムタイムス社

 三菱ケミカルの機能性樹脂事業部は熱可塑性エラストマー(TPE)の基幹ブランドとして「テファブロック」(スチレン系、オレフィン系・PPコンパウンド、ポリエステル系)、TPV(オレフィン系)の基幹ブランドとして「トレックスプレーン」を確立するとともに、顧客用途に特化したエアバッグカバー用エラストマー「サーモラン」(オレフィン系)、メディカル用エラストマー「ゼラス」(スチレン系)をラインアップしたブランド戦略で機能性樹脂事業の拡大を図っている。

 「テファブロック」はメディカル用途、エアバッグ用途、TPVを除き、欧州を中心に海外で認知力の高いブランド。

エアバッグカバー(MCC機能性樹脂)

エアバッグカバー(MCC機能性樹脂)

 「テファブロック」のスチレン系は自動車内外装部品、一般工業用部品、食品部品に採用されているが、このほどスチレン系QEシリーズで成形性・触感を向上させた新グレードを開発。QEシリーズが持つ柔軟性・摩耗性を維持したまま、流動性を2倍以上向上させることにより、複雑な

本文:1106文字

TPE特集 三菱ケミカル 自動車分野での基盤強化 「テファブロック」で新グレード

キーワード: ·