ゴムタイムス70周年の画像

マンスリーOEダイジェスト(2017年6月)

2017年07月03日

ゴムタイムス社

「エクセドラG853」(フロント)「エクセドラG852」(リヤ) シンセラSN250A・A/S タイヤメーカー各社が6月に発表した新車装着(OE)情報は、以下の通り。

 ◆ブリヂストン
 ブリヂストンは6月7日、ヤマハ発動機が同日発表した新型クルーザーモデル「スター・ベンチャー」の新車装着用タイヤとして、「EXEDRA(エクセドラ)G853」(フロント)と「G852」(リヤ)を納入すると発表した。

 サイズはフロントが130/70・R18M/C・63H。リヤが200/55・R16M/C・77H。

 スター・ベンチャーはヤマハクルーザーのフラッグシップモデルとしての上質な仕立てと、ダイナミックなパワーを融合させたボディデザインに、大型スクリーンやツアートランクを備えるフルドレス仕様のモーターサイクル。ブリヂストンのタイヤは車両の乗り心地や操縦安定性能に貢献する。

 エクセドラG852とG853は、クルーザー系二輪車向けに、独自のパタンデザインと最適なクラウン形状、構造を採用することで、重い車両でも優れた路面凹凸吸収性能と直進安定性、操縦安定性が可能となっている。

 ◆住友ゴム工業
 住友ゴム工業は6月14日、日産自動車が今春から北米市場で販売開始した「ローグ・スポーツ」に、ファルケンの高性能SUV用タイヤ「シンセラSN250A・A/S」の納入を開始したと発表した。

 ローグ・スポーツは日産の北米市場における主力SUV「ローグ」の派生モデルで、ローグよりも一回りコンパクトでありながら、優れた利便性と快適性をあわせ持つコンパクト・クロスオーバーSUV。

 今回装着されるシンセラSN250A・A/Sは、低燃費性能はもとより、ローグ・スポーツが求める上質な乗り心地と、高い走行性能を高次元でバランスさせている。

 なお、北米市場のローグにもファルケンタイヤが採用されている。