ゴムタイムス70周年の画像

ポバール興業の4~12月期 鉄鋼用減少などで減収減益 通期は増収見込む

2017年02月17日

ゴムタイムス社


 ポバール興業の2017年3月期第3四半期連結決算は、売上高が17億2400万円で前年同期比4・3%減、営業利益は8000万円で同32・8%減、経常利益は6200万円で同42・9%減、四半期純利益は3500万円で同51・6%減となった。

 ウレタンタイミングベルトの販売拡大が順調に推移したものの、鉄鋼用ベルトの大型案件が減少。また、日新製作所の株式取得に伴うアドバイザリー費用などが発生したため、減収減益となった。 

 通期の連結業績予想は当初予想から営業利益を微増、売上高・経常利益・純利益を下方修正した10月27日の予想から変更なく、売上高は24億100万円で前期比1・5%増、営業利益は8100万円で同43・9%減、経常利益は7000万円で同47・7%減、純利益は3700万円で同67・9%減を見込んでいる。

関連キーワード: ·