日本ミシュランタイヤ 『ミシュランガイド』発売

2011年07月18日

ゴムタイムス社
ベルナール・デルマス代表取締役社長(中央)

ベルナール・デルマス代表取締役社長(中央)

日本ミシュランタイヤは8日、東京・恵比寿で7月13日に発売するフランス料理店のガイドブック『ミシュランガイド ボンヌ・プティット・ターブル・東京』を発表した。 今回のガイドブックはミシュランガイドの厳格な調査方法をそのままに、手軽な価格で気軽に楽しめるフランス料理店を紹介している。 掲載店は295店。目的に応じたレストランを選択しやすいように、レストランのジャンルをビストロ、ワインバー、ブラッスリー、カウンター、クレープリー、ブラッスリーモダン、レストランクラシック、街のレストラン、レストランモダンの9つに分類している。
レストランの評価は1人当たり5500円以下で前菜、メイン、デザートなどが楽しめる店を表す「ビブグルマン」マークが付けられ、1050円以下のランチには「コイン」のシンボルマークが付けられている 。料理のみならず、シェフやワインリストについてのコメントも追加。地図は用意された2次元バーコードを携帯電話で読み取ることもできる。 「ボンヌ・プティット・ターブル」とはフランス語で、「ボンヌ(良い、美しい)」、「プティット(小さな)」、「テーブル(テーブル、レストラン)」を意味する。同社のベルナール・デルマス代表取締役社長は「今回のガイドブックによって、『フレンチは敷居が高い!』というイメージが変わるきっかけとなり、さらに多くの方にフランス料理を楽しんでいただけるようになることを願っています」と語った。 価格は2100円(税込)、発売は7月13日、発行は日本語版のみ。

関連キーワード: