ゴムタイムス70周年の画像

Convertech JAPAN 2012が開催

2012年02月28日

ゴムタイムス社

東京ビッグサイトで2月15日から17日までの3日間、8展示会が同時開催された。

3日間で4万5024人が来場。付加価値をつけた材料・素材をはじめ、加工技術、評価・計測分野など各応用分野に対応した最新技術や製品が展示された。開催した8展示会のうち「Convertech Japan2012」、「環境電池展2012」、「新機能性材料展2012」、「nano tech 2012」、「ASTEC2012」に出展したゴム、樹脂関連企業は次の通り。

Convertech JAPAN 2012

 《明和ゴム工業》

 機能・材質別に分けてロール製品を紹介した。特殊ロールではカーボンの特性である高剛性と軽量を活かしたCFRPメッキロール「ロールスターⅡ」を展示。またシリコーンでは離型性強化シリコーンロール「シリックーSR」、メッキなみ平坦性、高離型性シリコーンロール「シリックーM」のメインにシリックシリーズを展示した。

 《宮川ローラー》

新製品の「SAFETY IMPACT・α」、「SWEED MIMOSA」などを披露。 「SAFETY IMPACT・α」はグラビア印刷で多用される溶剤に強く、従来成し得なかった帯電防止と高強度を実現した新型樹脂ロール。 一方「SWEED MIMOSA」は高い導電性と耐久性の両立を実現した新型導電性・粘着ローラーで、導電性の改善によりクリーニング過程における静電気発生を格段に抑え生産性の向上に貢献する。

 《金陽社》

 静電気対策の除電ゴムロール「クーロン」シリーズを出展。同製品は電気特性と復元性に優れたゴムロール。加工品質の厳しいラインやロール寿命が問題となっているラインで高い効果を発揮。同製品はフィルム一次加工、フィルム二次加工、グラビア印刷などに使用される。