ムーンスター 「CALORY WALK」にブランド初のサンダルタイプ登場

2012年01月11日

ゴムタイムス社
CALORY WALK

CALORY WALK

 (株)ムーンスター(本社 福岡県久留米市、猪山渡社長)がは、ファッション性とシェイプアップ 効果の両立を実現したブランド『CALORY WALK+(カロリーウォークプラス)』春夏新作モデルの サンダルタイプを、2012 年 3 月中旬より、全国の百貨店・靴専門店・量販店等にて発売する。
同社が実施したインターネットアンケートによると、30 代の女性が夏によく履く靴種の第 1 位はサンダルで、68.5%と高い割合の人がサンダルをよく着用しているという。その結果を受け、今回の新作では、ブランド初のサンダルタイプ計 5 型を発売。 ヒールタイプは、ウェッジ部分に春夏らしいコルク素材やパナマ素材を用いたエスパドリーユ風となっており、足元を上品に大人っぽく仕上げることができる。また近年人気のグラディエータータイプは、フラットソールで、エスニック風の着こなしや、ゆるカジスタイルにも最適。ストラップやかかと、甲の部分のデザインを工夫することで、サンダルでありながら足をしっかりホールドし、充分なシェイプアップ効果を発揮するという。またパンプスタイプも計 7 型が登場(2012 年 2 月中旬より発売)し、様々なシーンや スタイルに応えるバリエーションが豊富に揃うこととなる。
『CALORY WALK+』は、インソール全面とミッドソールに埋め込まれた独自の低反発衝撃吸収素材 「アブソレン®」が、歩行時の着地や蹴り出しの力を吸収・分散する仕組みとなっている。その結果、砂の上を歩くような感覚を生み出し、筋肉に適度な負荷をかけることでヒップアップや脚のひきしめを実現するという。ちなみに同社は「アブソレン®」を使用した靴の構造で、「シェイプアップシューズ」としての特許を取得してもいる。『CALORY WALK+』は、今の「おしゃれ」も、未来の美しさ「シェイプアップ効果」も期待できるシューズに仕上がっている。

関連キーワード: