朝日ラバー 増収増益 売上げ48億円に

2011年05月30日

ゴムタイムス社

朝日ラバーの11年3月期決算は医療用ゴムの拡販、スポーツ用品の柱卓球ラケット用ラバーの減収と、全社コスト改善効果により増収増益となった。売上高は前期比3%増、1億3900万円増えて48億円余、経常利益は同2600万円増の1億1700万円、当期純利益はやや減少し2100万円となった。 さきの大地震で福島工場が被災したため復旧工事に5400万円を費やし特別損失を計上、純益を押し下げた。
被災設備は3月18日に二次電池安全弁用ゴム生産を、同28日には全製品の生産を再開した。 12年3月期決算予想は、大震災の影響で見通しが難しいとして発表を控えた。配当は11年3月期期末は3円、年間では6円を予定。来期はともに未定。 合わせて第10次3ヵ年中期経営計画を発表、14年の連結売上高は62億円、営業利益4億円、売上高営業利益率6・5%、設備投資は3年で16億円余を計画している。

関連キーワード: