ゴムタイムス70周年の画像

ホースメーカーの最新動向 八興

2011年11月24日

ゴムタイムス社
スーパー柔軟フッ素ホースフェルール加締品規格「E_SJB」

スーパー柔軟フッ素ホースフェルール加締品規格「E_SJB」

 フェルール継手加締品を開発

 樹脂ホースの専門メーカー、㈱八興(本社=東京都板橋区)は、主力商品の柔軟フッ素ホースシリーズに、新たにフェルール継手加締品を開発、11月21日から本格販売を開 始した。

 対象となるフッ素ホースシリーズは、補強糸入りタイプの柔軟フッ素ホース19~38㍉ のほか、スーパー柔軟フッ素ホース19・25㍉、SUSスプリング線入りタイプのスーパ ー柔軟フッ素スプリング19~38㍉。両端にサニタリー継手のフェルール継手を加締した製品となっている。

 同社はフッ素系積層ホースを先駆けて市場に投入し、要望の高かったフェルール継手の加締品の開発に着手したが、フッ素系の積層ホースであることから通常のゴムホース用などの継手では亀裂などの様々な不具合が発生したため、約2年を費やし、同社の独自設計により様々な不具合いの解消に成功した。

 同社のフッ素ホースシリーズにフェルール継手の加締品をセットで使用することで、 流体漏れや継手抜け、さらに継手内部での液溜りに起因する不衛生、透明性が低いことによる流体確認の困難などといった悩みが解決する。

 同社では衝撃圧テストなどで安全性を確認しており「衛生的な液溜りの少ない設計と不具合が解消され、ユーザーに安心して使っていただける」と自信を示す。

 主な特徴は次の通り。

 ①安心・安全=専用フェルール継手を加締アセンブリしており、流体漏れや継手抜けが無く安心。また、容易に配管作業ができ作業の効率アップ、標準化が可能になる。

 ②液溜りの少ない衛生的な継手=液溜りの少ないニップル形状を採用することで、衛生的な流体搬送が可能。継手材質は腐食に強い「SUS316L」(接液面)および「 SUS304」(継手カバー)を採用。

 ③透明性が高く、耐薬品性・衛生性に優れる=柔軟フッ素ホースシリーズは透明性が高く、流体の確認ができて安心。ホース内層がフッ素樹脂を使っており、優れた耐薬品性を有し、ほとんどの薬品に耐性がある。さらに、内層のフッ素樹脂は撥水性・非粘着 性を有しており、流体が残りにくく、洗浄が簡単に行え、食品衛生法(厚生労働省告示 第201号)に適合。

 本年上期(4―9月)の同社の業績は、食品産業など押し並べて需要業界の堅調な需要により、ホース・チューブ類の販売は前年同期比15%増と順調に推移した。しかしながら急激かつ大幅な円高の進行などにより国内景気は伸び悩み、10月以降は需要面でも低落基調となっており、八興では新商品の投入効果も含めて積極的な販売活動により 、前年を上回る販売に注力する。

 柔軟フッ素ホースとセットで

 サニタリー継手のフェルールは、コンタミを嫌う食品業界やハイテク系の業界向けに 多く使用されており、同社では柔軟フッ素ホースシリーズとのセット製品で、年間1億 円の販売を見込んでいる。