ゴムタイムス70周年の画像

【組織・人事】ブリヂストン(12月1日付、1月1日付、1月上旬付、1月下旬付)

2016年11月15日

ゴムタイムス社


ブリヂストン
 〈執行役員人事〉
 (12月1日付)
▽執行役員化工品事業戦略・管理・化工品CQO担当兼化工品業務本部長兼経営企画本部主任部員(執行役員化工品事業戦略・管理・化工品CQO担当兼化工品業務本部長兼化工品事業人事・管理部長兼経営企画本部主任部員)東正浩

 〈人事異動〉
▽組織企画・管理部長(組織企画・管理部ダイバーシティ推進ユニット主任部員)大上竜介
▽九州生産本部総務部長(組織企画・管理部長)冨澤章
▽化工品事業人事・管理部長(九州生産本部総務部長)酒井田達朗

 〈機構改革〉
 (1月1日付)
「グローバルヘッドオフィス〈GHO〉」
▽グローバルブランド戦略・イベントマーケティング本部の下にあるグローバルオリンピックマーケティング部をオリンピック・パラリンピック室〈本部相当〉の下に移管する。これに伴い、グローバルオリンピックマーケティング部をオリンピック・パラリンピックマーケティング推進部に名称変更する。
▽経営企画管掌の下に広報・渉外担当を新設し、広報部及び北京事務所を移管する。
▽広報・渉外担当の直下に環境渉外部を新設する。

「グローバル経営プラットホーム〈GMP)」
▽グループ・グローバルCQMO・品質経営・CSR管掌の直下にあるCSR・環境・品質経営企画担当をCQO・安全・防災・品質管掌の下に移管する。これに伴い、CQO・安全・防災・品質管掌をCQO・安全・防災・環境・CSR管掌に名称変更する。
▽CSR・環境・品質経営企画本部の下にあるCSR・環境戦略企画部、品質経営業務部をCSR・環境戦略企画推進部、品質経営業務・Jリージョン社会貢献活動推進部にそれぞれ名称変更する。
▽CSR・環境・品質経営企画本部の下にあるCSR・環境渉外・推進部の機能を環境渉外部、CSR・環境戦略企画推進部、品質経営業務・Jリージョン社会貢献活動推進部にそれぞれ移管する。これに伴い、CSR・環境渉外・推進部を廃止する。
▽CQO・安全・防災・環境・CSR管掌の下にある安全・防災・環境技術担当を安全・防災・環境推進担当に名称変更する。
▽安全・防災・環境推進担当の下にある安全・防災・環境技術本部を安全・防災・環境推進本部に名称変更する。
▽安全・防災・環境推進担当の下にあるJ―SBU・BSCAP安全・防災・環境管理支援部の機能を日本タイヤ事業管掌、グローバルソリューション事業管掌の下に移管する。これに伴い、J―SBU・BSCAP安全・防災・環境管理支援部を廃止する。
▽安全・防災・環境推進本部の下にある安全・防災・環境システム部を安全・防災・環境基盤システム・技術推進部に、安全・防災・環境技術推進部を安全・防災・環境監査推進部にそれぞれ名称変更する。
▽品質経営認定・監査推進本部の下にある品質経営認定・監査推進部を品質経営認定・監査推進・指標管理部に名称変更する。
▽品質システム本部の下にある品質指標管理・法規品質保証部の一部機能を品質経営認定・監査推進・指標管理部に移管する。これに伴い、品質指標管理・法規品質保証部をソリューション品質認定・法規品質保証部に名称変更する。
▽品質保証本部の直下にあるJタイヤ・BSCAP品質保証業務ユニットを廃止する。
▽品質保証本部の下にあるJタイヤ事業SBU品質保証支援部の機能を日本タイヤ事業管掌に移管する。これに伴い、Jタイヤ事業SBU品質保証支援部を廃止する。
▽BSCAPSBU品質保証支援部をタイヤSBU品質保証支援部に名称変更する。
▽グローバル直需・グローバルビジネス戦略管掌の下にグローバル直需管掌を新設する。
▽グローバル直需戦略担当の下にあるグローバル直需ソリューション戦略本部をNVHソリューション開発戦略本部に名称変更する。
▽NVHソリューション開発戦略本部の下にあるグローバル直需ソリューション戦略部をNVHソリューション開発戦略部に名称変更する。
▽製品開発管掌の下に消費財タイヤ開発担当を新設する。
▽タイヤ製品開発・モータースポーツ技術担当の下にあるタイヤ材料開発本部を製品開発管掌の直下に、タイヤ開発第2本部、タイヤ開発第3本部、欧州OEタイヤ開発部、革新タイヤ開発プロジェクトグループ〈部相当〉を消費財タイヤ開発担当にそれぞれ移管する。これに伴い、タイヤ製品開発・モータースポーツ技術担当を生産財タイヤ開発担当に、革新タイヤ開発プロジェクトグループを革新タイヤ開発部にそれぞれ名称変更する。
▽開発効率化推進本部の下に効率化推進部を新設する。
▽タイヤ開発第1本部の下にある生産財先行タイヤ設計部をTBタイヤ開発第3部に名称変更する。
▽生産財タイヤ開発担当の下にタイヤ開発第4本部を新設する。
▽タイヤ開発第1本部の下にある大型特殊タイヤ開発第1部、大型特殊タイヤ開発第2部をタイヤ開発第4本部の下に移管し、特殊タイヤ開発第1部、特殊タイヤ開発第2部にそれぞれ名称変更する。
▽タイヤ開発第1本部の下にある航空機タイヤ開発部をタイヤ開発第4本部の下に移管する。
▽タイヤ開発第2本部の下にあるウインタータイヤ開発部を廃止する。
▽タイヤ開発第3本部の直下にある消費財ソリューション技術開発ユニットの機能をグローバル直需管掌に移管する。これに伴い、消費財ソリューション技術開発ユニットを廃止する。
▽量産技術開発本部の下にあるJ―SBU生産技術支援室〈部相当〉を廃止する。
▽NVHソリューション開発戦略本部の下にNVHソリューション技術開発部を新設する。
▽管理・SCM・GGMS管掌の下にあるグローバルCMO・グローバルマーケティング戦略管掌を代表執行役CEOの直下に移管し、グローバルCMO・グループ・グローバルマーケティングソリューション戦略管掌に名称変更する。
▽グローバルCMO・グループ・グローバルマーケティングソリューション戦略管掌の下にあるグローバルマーケティング戦略担当を再編し、グローバルビジネスソリューション戦略担当を新設する。
▽グローバルビジネスソリューション戦略担当の下にグローバルマーケティングソリューション戦略本部、グローバルバリューチェーンソリューション戦略本部、新事業戦略本部を新設する。
▽グローバルマーケティングソリューション戦略本部の下にグローバルソリューション戦略部、グローバル生産財ソリューション商品戦略部、グローバル消費財ソリューション商品戦略部を新設する。
▽グローバルバリューチェーンソリューション戦略本部の下にグローバルバリューチェーン戦略企画部、グローバル商品管理部を新設する。
▽グループ・グローバルマーケティングソリューション戦略管掌の下にCDO・グローバルデジタルソリューションセンター担当を新設する。
▽CDO・グローバルデジタルソリューションセンター担当の下にグローバルデジタルソリューションセンター〈本部相当〉を新設する。
▽グローバルデジタルソリューションセンターの下にグローバルデジタル戦略企画部、グローバルデジタルソリューション戦略部、グローバルデジタルバリューチェーン戦略部、グローバルソリューションIoT戦略部を新設する。
▽イノベーション本部の下にあるデジタルソリューション開発部をグローバルデジタルソリューションセンターの下に移管し、CAIS推進室〈部相当〉に名称変更する。
▽グローバルブランド戦略・イベントマーケティング本部の下にあるグローバルブランディング部、Jリージョンブランディング・商品企画管理業務部をそれぞれ再編し、グローバルブランドコミュニケーション推進部、グローバルイベントマーケティング部を新設する。
▽管理・SCM・GGMS管掌を管理管掌に名称変更する。
▽管理管掌の直下にTOMS〈Tire Operation Management and Service〉担当を新設する。
▽GLC企画管理本部を再編し、TOMS担当の下にTOMS企画管理本部を新設する。
▽TOMS企画管理本部の下にTOMS企画部、TOMS品質経営管理部を新設する。
▽海外タイヤ業務本部の下にある海外業務部、海外技術サービス部をTOMS企画管理本部の下に移管し、海外オペレーション業務部、TOMS技術サービス部にそれぞれ名称変更する。
▽海外タイヤ事業管掌の直下にある海外タイヤ事業本部をTOMS担当の下に移管し、海外事業管理本部に名称変更する。
▽生産物流担当の下にあるグローバル生産物流企画本部、海外タイヤ業務本部の下にある輸出オペレーション部をそれぞれ再編し、TOMS担当の下にSCM管理本部を新設する。これに伴い、生産物流担当を廃止する。
▽SCM管理本部の下にSCM管理部、J―SBUSCM支援部、海外事業SCM支援部を新設する。
▽調達担当の下にある調達本部を内製事業担当の下に移管する。これに伴い、調達担当を廃止する。
▽内製事業担当を内製事業・調達・内製事業CQO担当に名称変更する。
▽GLC管掌、GLC企画管理担当を廃止する。

「日本タイヤ事業SBU」
▽日本タイヤ事業管掌の下に日本タイヤ品質経営・日本タイヤCQO担当を新設する。
▽日本タイヤ品質経営・日本タイヤCQO担当の下に日本タイヤ品質経営本部を新設する。
▽日本タイヤ品質経営本部の下に日本タイヤ安全・防災・環境推進部、日本タイヤ品質管理部、日本タイヤ品質保証部を新設する。
▽日本タイヤ生産・日本タイヤ生産CQO担当を日本タイヤ生産担当に名称変更する。
▽日本タイヤ生産本部の下にある日本タイヤ生産CSR推進部を廃止し、日本タイヤ生産技術部を新設する。

「海外タイヤ事業SBU」
▽海外タイヤ事業管掌とその直下にある海外タイヤ業務本部を廃止する。

「ソリューション事業・化工品事業SBU・スポーツ・サイクル事業」
▽代表執行役COOの直下に多角化事業管掌を新設する。
▽多角化事業担当の直下に多角化事業推進室〈部相当〉を新設する。
▽代表執行役COOの直下にあるグローバルソリューション事業管掌を化工品管掌の下に移管し、化工品管掌をグローバルソリューション事業・化工品管掌に名称変更する。
▽グローバルソリューション事業・化工品管掌の直下に化工品開発第1本部、化工品開発第2本部を新設する。
▽化工品技術本部の下にある化工品材料開発第1部、化工品材料開発第2部を化工品開発第1本部の下に移管する。
▽化工品開発第1本部の下に化工品開発戦略部を新設し、化工品技術本部の下にある化工品技術企画開発部の機能を移管する。これに伴い、化工品技術本部、化工品技術企画開発部を廃止する。
▽産業資材事業本部の下にあるベルト開発部、ホース開発部、ゴムクローラ開発部、インフラ資材開発部を化工品開発第1本部の下に移管し、鉱山/産業・建機/農機ソリューション開発グループベルト開発部、鉱山/産業・建機/農機ソリューション開発グループホース開発部、鉱山/産業・建機/農機ソリューション開発グループゴムクローラ開発部、建築ソリューション開発グループ免制震開発部にそれぞれ名称変更する。
▽化工品販売担当の直下にある建設資材開発部を化工品開発第1本部の下に移管し、建築ソリューション開発グループ配管開発部に名称変更する。
▽化工品直需事業本部の下にある車両用化成品開発部と一部機能を化工品開発第2本部の下に移管する。
▽化工品開発第2本部の下に化工品NVHソリューション開発グループ車両用化成品開発部、化工品NVHソリューション開発グループ防振ゴム開発第1部、化工品NVHソリューション開発グループ防振ゴム開発第2部 、化工品NVHソリューション開発グループ防振ゴム開発第3部を新設する。これに伴い、車両用化成品開発部を廃止する。
▽グローバル鉱山・農機ソリューション担当をグローバル鉱山・農機ソリューション・グローバルソリューションCQO担当に名称変更する。
▽化工品事業戦略・管理・化工品CQO担当の直下に化工品新事業開発室〈部相当〉を新設する。
▽化工品事業再構築本部の下にある高機能フィルム販売部と高機能フィルム開発部を再編し、高機能フィルム事業部を新設する。
▽高機能化成品本部の直下にある高機能化成品統括業務課の機能を化成品販売第1部に移管し、高機能化成品統括業務課を廃止する。
▽化工品事業管掌の下に化工品ソリューション事業担当を新設する。
▽化工品ソリューション事業担当の下に化工品NVHソリューション事業本部、建築ソリューション事業本部を新設する。
▽化工品直需事業本部の下にある化成品直需販売部、防振ゴム直需企画部、防振ゴム直需販売部の機能を化工品NVHソリューション事業本部に移管し、化工品NVHソリューション企画部、化工品NVHソリューション販売第1部、化工品NVHソリューション販売第2部、化工品NVHソリューション販売第3部を新設する。これに伴い、化工品直需事業本部を廃止する。
▽産業資材事業本部の下にある産業資材企画部、インフラ資材事業企画部、化工品販売担当の直下にある建設資材企画部の機能を建築ソリューション事業本部に移管し、建築ソリューション企画部、免制震事業部、配管事業部を新設する。これに伴い、産業資材事業本部を廃止する。
▽化工品事業管掌の下にある化工品生産・技術担当を化工品生産・生産技術担当に名称変更する。
▽化工品生産・生産技術担当の下に化工品生産技術本部を新設する。
▽化工品生産技術本部の下に量産技術開発部、生産システム開発部、生産基盤技術開発部を新設する。
▽化工品生産・生産技術担当の下にある化工品製造本部を化工品生産本部に名称変更する。
▽化工品生産本部の下にある生産統括管理部を生産・物流管理部に名称変更する。
▽化工品生産本部の下に生産統括部を新設する。

 〈執行役員人事〉
▽執行役副社長グループ・グローバルCQMO・品質経営・CSR管掌兼グローバル直需・グローバルビジネス戦略管掌兼グローバルソリューション事業・化工品管掌兼グローバルソリューション事業管掌(執行役副社長グループ・グローバルCQMO・品質経営・CSR管掌兼グローバル直需・グローバルビジネス戦略管掌兼化工品管掌兼グローバルソリューション事業管掌)石橋秀一
▽執行役副社長経営企画管掌兼管理管掌兼CFO・財務担当(執行役副社長経営企画管掌兼管理・SCM・GGMS管掌兼CFO・財務担当)江藤

本文:14447文字

関連キーワード: