ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー

JSR トリケミカル研究所との業務・資本提携を解消

2015年10月14日

ゴムタイムス社


 JSRは10月13日、同日開催の取締役会において、同社の持分法適用会社であるトリケミカル研究所との業務並びに資本提携を解消することを決議し、トリケミカル研究所と同契約の解消について合意したと発表した。

 同社とトリケミカル研究所は、最先端半導体プロセスにおける新規材料の市場への提供を図ることを目的として、業務資本提携を締結し、製造委託や共同開発、ノウハウ共有等を行ってきたが、このたび、現在までの取り組みを踏まえて今後の方針につき双方検討した結果、当該提携の一定の成果は得られたことから、同日付をもって業務資本提携を解消することで合意した。

 また、資本提携に関しても、同社とトリケミカル研究所は、同社が保有するトリケミカル研究所株式を対象とした株式売出しについて合意している。株式売出しの概要は、引受人(みずほ証券株式会社)の買取引受による売出しとなっている。詳細は、同日トリケミカル研究所が発表している「株式の売出し並びに主要株主である筆頭株主及びその他の関係会社の異動に関するお知らせ」を参照のこと。

 同社が保有しているトリケミカル研究所の株式数及び発行済み株式に対する割合は、144万7900株(18・92%)(2015年7月31日現在)。
 なお、同提携解消における同社業績への影響はないとしている。

関連キーワード: ·

導電性カーボンブラック(ゴム・プラスチック用)の特徴と活用方法、トラブル対策のバナー
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー
現場で役立つゴム金型の基礎知識・金型の選び方のバナー

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー