ゴムタイムス70周年の画像

【エヌプラス2015】住友理工 「複合放熱部材」など出品

2015年10月02日

ゴムタイムス社

 材料と技術の複合展「エヌプラス2015」(主催・プラスチック工業技術会)が9月30日~10月2日、東京ビッグサイトで開催された。

 住友理工は独自の磁場配向成型技術を生かした、高効率な放射性能を持つ「複合放熱部材」のサンプルと、放熱性と吸音性をあわせ持つ「磁気誘導発泡ウレタン」を出品した。

 放熱技術は自動車からカメラ、パソコンなど熱を発する様々な製品で使われている。通常、これらのメーカーではゲル状かシート状のものを、熱源に塗布したり貼ったりして対応している。

住友理工

 今回、同社が開発した複合放熱部材は、

本文:約384文字

写真・表・グラフあり

関連キーワード: ·

ゴム薬品活用ハンドブックバナー