ゴムタイムス70周年の画像

三井化学 米でポリプロピレン生産能力を増強

2013年01月17日

ゴムタイムス社

 三井化学及びプライムポリマーは17日、アメリカにおいて、ポリプロピレン(PP)自動車材の需要拡大に対応するため生産能力を1万4000トン/年増強すると発表した。
 増強はアメリカのアドバンストコンポジッツ社で行われ、現状の22万6000トンから2013年第3四半期に既に発表済みの2万8000トン/年を増強、その後第4四半期にライン増設により、今回発表の1万4000トン/年の増強を行う。増強後の生産能力は26万8000トン/年を予定。
 同社グループは2011年度中期経営計画の基本戦略において、世界トップの競争力を持つPP自動車材事業のグローバル展開を打ち出し、現在は世界8つの地域(日本、アメリカ、メキシコ、ブラジル、欧州、インド、タイ、中国)にPP自動車材の製造拠点を有し、生産体制の強化・拡大を進めている。
 北米の自動車生産は世界的な金融危機を受け大きな影響が出たが、現在では以前の状況に持ち直し、今後も大きな成長が期待されている。
 同社グループは今回の増強で、拡大する北米市場におけるトップクラスの供給力を強化するとともに、グローバルな供給体制をさらに強固なものとしていく。また、今後とも高品質の製品を供給する製造・販売・技術サービス体制を整備し、さらなる事業の強化・拡大を積極的に進めていく方針。
〈アドバンストコンポジッツ社の会社概要〉
▽設立=1986年6月
▽資本金=1億4100万ドル
▽出資=三井化学アメリカ59・8%、プライムポリマー3・0%、他37・2%
▽本社=米国オハイオ州
▽工場=米国オハイオ州、テネシー州

工場の様子

工場の様子