ゴムタイムス70周年の画像

国際太陽電池展が開催

2012年03月06日

ゴムタイムス社

 次世代エネルギーに関する最大規模の展示会「スマートエネルギーWEEK2012」が2月29日から3月2日まで、東京・有明の東京ビッグサイトで開催された。同展は「国際太陽電池展」、「太陽光発電システム施工展」、 「エコハウス&エコビルディングEXPO」、「国際二次電池展」、「量産・試作加工技術展」など7展示会で構成される国際複合技術展。新エネルギー・省エネルギーの最新の製品、技術、サービスが一堂に集結した。出展規模は1950社。ゴム・樹脂関連企業は次の通り。

 クレハ
 炭素繊維「クレカ」、球状活性炭「バック」をメインに展示。「クレカ」は軽量で高強度、摩擦・摩耗特性、耐熱性などの特性を持つカーボンファイバー。一方、「バック」は石油系ピッチを原料とした真球性の高い高強度の活性炭。
 電気化学工業
 太陽電池の製造過程で使用される太陽電池・半導体シリコンゴットのスライス用仮固定接着剤「SOLARLOC」を紹介した。同製品の特長は良好な作業性・大幅な工程の短縮が可能。抵抗がかかるワイヤーソーのスライスにも耐えることができる接着力を訴求した。
 クレハエラストマー
 超広幅ゴムシートシリーズのPVモジュール真空ラミネーター用ダイヤフラム「クレフラム」を中心に展示した。 同製品は大型ラミネーターに使用可能な継ぎ目のない超広幅ダイヤフラムシート。厚さ3㎜×幅さ3000㎜×長さ5000㎜の製品仕様例をアピールした。
 英弘精機
 高い発電量・気象計測のためのデータ収集ハードウェアをベースにしたメガソーラーインテリジェントモニタリングシステムを紹介。同システムのメリットのひとつに、統一されたモニタリングシステムでの一括管理により、効率よいサイト管理ができることがあげられる。