ゴムタイムス70周年の画像

環境電池展2012が開催

2012年02月28日

ゴムタイムス社

東京ビッグサイトで2月15日から17日までの3日間、8展示会が同時開催された。

3日間で4万5024人が来場。付加価値をつけた材料・素材をはじめ、加工技術、評価・計測分野など各応用分野に対応した最新技術や製品が展示された。開催した8展示会のうち「Convertech Japan2012」、「環境電池展2012」、「新機能性材料展2012」、「nano tech 2012」、「ASTEC2012」に出展したゴム、樹脂関連企業は次の通り。

環境電池展2012

 《加貫ローラ製作所》

高機能・薄型フィルム材料の張力を制御するシステム「センサロール」をブースの中央に展示。 同製品はロールシャフト自身に超小形型力覚センサ(アクティブフォースセンサ)を内蔵しているため、ロール「自身」が張力計として機能する。微小張力でもリアルタイムで高精度に検出し、真空・高温環境に適応可能。外付ユニットが不要で設置によるコスト削減に寄与する。
 同製品は同社、㈱アサヒ電子研究所、㈱京都テクニカの3社で開発し、販売している。
 またブースではフィルムのロスを低減する高機能フィルム用ゴム巻取りローラなども展示した。

加貫ローラ製作所