ゴムタイムス70周年の画像

ブリヂストン  非空気入りタイヤ技術の開発に成功

2011年11月29日

ゴムタイムス社

 ㈱ブリヂストン( 荒川詔四社長)は、新たなタイヤ環境技術として、これまでのタイヤとは全く異なるコンセプトの非空気入りタイヤ(エアフリーコンセプト)技術の開発に成功したと11月29日発表した。

非空気入りタイヤ

 同社は持続可能な社会の実現に向けて主体的に取り組んでいくために、「環境宣言」の中で、特に重要と考える 「3つの社会の実現(自然共生社会、循環型社会及び低炭素社会)」に向けた、長期的な環境活動の方向性を明確に示し、環境に貢献する様々な事業を推進している。
 この非空気入りタイヤの技術は、タイヤの観点から、より環境に貢献する技術として、同社が開発を進めているもので、早期実用化を目指していくとしている。
 非空気入りタイヤ(エアフリーコンセプト)はタイヤ側面に張り巡らせた特殊形状スポークにより荷重支持することで、空気を充填する必要が無いため、省メンテナンス性に優れるとともに、パンクの心配も無くなるのが特長。また、タイヤ側面に張り巡らせた特殊形状スポーク部の材質に再生利用(マテリアルリサイクル)可能な熱可塑性樹脂を使用することで、タイヤトレッド部のゴムを含め、100%再生利用可能な材料を採用しており、環境、安全、快適性を高次元で達成することが可能としている。
 同社はこのような技術開発を推進していくことで、”Tire to Tire”を目指し、資源の循環利用や再生可能資源の利用拡大を積極的に進めていく方針。