ゴムタイムス70周年の画像
知っておきたい フッ素ゴムの基礎と応用のバナー

東部ゴム商組が創立40周年 更なる将来を見据えた組合運営を

2019年02月14日

ゴムタイムス社

 東部ゴム商組(山上茂久理事長)は2月1日、帝国ホテル・孔雀の間で創立40周年記念式典を開催し、会員や賛助会員、関連団体の代表ら300人以上が出席して盛大に行われた。

 あいさつに立った山上理事長は40年の組合の歴史を振り返り「時代の変化に適応した組合運営を続け、昨年12月に40周年を迎えることができたことは大変光栄であり、先人の方々の苦労に対し改めて感謝と尊敬の意を表したい」と述べ、組合の事業では、公益業界団体としての本来の目的である情報の収集・提供・調査・研究とともに、各種研修会・勉強会・見学会などを遂行してきたと説明した。また「懇親・懇談の親睦事業も今後より一層推進していきたい。特に組合員・賛助会員を始め、関係各位の協力により、昨年は第6回目となる商品展示説明会を開催し、非常に有意義な事業となってきている。商品展示会の終了後に開催した懇親会では、組合員と賛助会員の交流の場として大変好評を得ている。今後も組合員を「はじめ、賛助会員の従業員が直接参加型で皆様にとって有益に感じてもらえるような各種事業を実施していきたい」と報告した。

 今回の創立40周年を記念して、山上理事長は「19年は40周年記念事業の節目の年として、昨年11月に創立40周年記念ゴルフ大会を開催した。そして本日の記念式典を開き、40周年の記念誌を発行する予定となっている。賛助広告を頂いた皆様やご協力頂いた皆様にこの場を借りてお礼を申し上げます」と会員と賛助会員らに感謝を述べた。

 今後については、山上理事長は「当組合は今後も支部活動や部会活動を中心とした事業を更に推進し、今日まで築いてきた40年の歴史と実績を大切にして50・60年、そして更なる将来を見据えた組合運営を真摯に取り組んでいく」と更なる飛躍を誓った。

 山上理事長の式辞のあと、関東経済産業局長から表彰状、東京都中小企業団体中央会会長と商工組合中央金庫から感謝状が山上理事長に渡された。

本文:約2335文字

写真・表・グラフあり

材料開発・品質改善に役立つゴム・エラストマー分析のバナー
導電性カーボンブラック(ゴム・プラスチック用)の特徴と活用方法、トラブル対策のバナー
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー
見て触って理解する熱可塑性エラストマーのバナー