ゴムタイムス70周年の画像

欧でデータ提供事業買収 ブリヂストンが年内に

2019年01月24日

ゴムタイムス社


 ブリヂストンは1月22日、欧州子会社であるブリヂストン・ヨーロッパ・エヌヴィー・エスエー(BSEMEA)が、オランダのトム・トム・エヌヴィー(トム・トム社)のデジタルフリートソリューション事業を運営する子会社であるトム・トム・テレマティクス・ビーヴィーを買収すると発表した。

 買収金額は9億1000万ユーロ(約1138億円)で、規制当局の承認とその他必要な買収条件を満たした後、遅くとも19年12月期の第2四半期中の完了する見込み。

 トム・トム社は、欧州地域で業界をリードするデジタルフリートソリューションプロバイダーで、運送とパーソナルモビリティ分野でデータプラットフォームを提供し、ドライバーや運送業者の安全性・効率性・生産性の向上に貢献している。

 同社グループは、トム・トム社のデジタルフリートソリューション事業と、同社グループがこれまで培ってきたタイヤに関する知見、グローバルサービスネットワークを融合することで、新たな価値を提供を目指すとともに、このデジタルフリートソリューション事業がサービスを提供する約86万台の車両と、これらの車両から得られる車両やタイヤの稼働状況に関するビッグデータを活用することで、より良い商品の開発や顧客の安全で効率的なオペレーションを支えるメンテナンスサービスの品質向上につなげることにしている。

 なお、19年12月期の同社連結業績に与える影響は軽微だとしている。

関連キーワード: ··