ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー

年頭所感 三ツ星ベルト 垣内一取締役社長

2019年01月09日

ゴムタイムス社


 新年あけましておめでとうございます。

 平素は事業全般にわたり、格別のご高配を賜り、厚く御礼申しあげます。

 さて、国内外の経営環境は、米国、ロシア、中国の自国第一主義の対応や、米国と中国の貿易摩擦、中東情勢等、先を見通すことができない状況が続くものと推察されます。

 厳しい経営環境の中ではありますが、本年も決して気をゆるめることなく、着実に努力を積み重ねてまいりたいと考えています。

 そのために、

①人材育成を最重要課題とし、全社員のレベルアップを目指すこと

②三現主義(現場、現物、現実)に徹すること

③「人を想い、地球を想う」という基本理念を大切にし「品質をつくり、品質を売る」ことを常に心掛けること

 創業100周年を迎える本年は、今一度原点に立ち返り、以上のことをグループの全社員に要請し、取り組んでまいります。そして、現在の働き方で良いのかを振り返り、自己を見直す姿勢をつらぬき、「真の競争力のある強い会社」を目指し、努力してまいります。

 引き続き、ご指導、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申しあげます。

 

関連キーワード: ·

導電性カーボンブラック(ゴム・プラスチック用)の特徴と活用方法、トラブル対策のバナー
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー
有機ゴム薬品と配合設計における入門講座のバナー

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー