よくわかるシリコーンの基礎から応用技術のバナー

ゴムロール特集 明和ゴム工業 UV印刷用はゴム・樹脂で拡販 工業用は新規受注の取り込み強化

2018年12月07日

ゴムタイムス社

 明和ゴム工業(東京都大田区、坪井栄一郎社長)の18年度9月期業績は前年実績比で若干の増収増益となった。

 分野別にみると、印刷用ロールは商業印刷向けと新聞印刷向けはマイナスになったが、好調なUV印刷向け、グラビア印刷向け、段ボール印刷向けでカバーし、印刷用全体ではプラスを確保した。

 UV印刷向けが好調な要因は、ゴムロール「UVゼスト」と樹脂ロール「UVサミットⅡ」という、ゴム・樹脂の両素材を備えていることが大きい。油性印刷機からUV印刷機へ改造する印刷会社の動きはまだ続いており、今後も両素材で販売を伸ばしていく。

 また、他分野では白色導電性ゴムロールの「ホワイトエレコン」や高耐摩耗・耐オゾン・白色導電ゴムロールの「ハイパーエレコン」が好評を得ている。

 一方、工業用ロールは、ゴムロールの巻き替えは年々減少傾向にあるものの、メッキや軽量芯などの新規受注を獲得し好調な流れが継続、

本文:863文字

ゴムロール特集 明和ゴム工業 UV印刷用はゴム・樹脂で拡販 工業用は新規受注の取り込み強化

キーワード: ·


WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com