ゴムタイムス70周年の画像
材料開発・品質改善に役立つゴム・エラストマー分析のバナー

9月のタイヤ販売は11%増 GfKジャパン調べ

2018年10月22日

ゴムタイムス社


 GfKジャパンは10月22日、2018年9月の自動車タイヤの販売速報を発表した。

 それによると、9月の販売本数は前年同月比11%増、販売金額は同14%増となり、いずれも4ヵ月連続で前年を上回った。

 夏タイヤは同15%増と前月に続き2桁成長となった。一方で冬タイヤは同11%減と不調であったものの、前月と比較すると縮小幅は大きく改善され、販売本数は前月の4・6倍となった。

 なおサイズ別にみると、軽自動車向けの155/65/14は同24%増、ミニバン・セダン向けの205/60/16は同29%増と大幅に伸長した。

 自動車タイヤの税抜き平均価格は同2%増となり、3ヵ月連続で上昇した。

 

関連キーワード: ·

材料開発・品質改善に役立つゴム・エラストマー分析のバナー
導電性カーボンブラック(ゴム・プラスチック用)の特徴と活用方法、トラブル対策のバナー
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー
有機ゴム薬品と配合設計における入門講座のバナー