ゴムタイムス70周年の画像
老化防止剤の配合ポイントとその応用のバナー

東部ゴム商組共済会 恒例の寄席会開催 笑いで保険加入を呼びかけ

2018年10月19日

ゴムタイムス社

 東部ゴム商組共済会主催の「東部ゴム商組共済会寄席」が10月17日、18日の2日間、東京・上野の鈴本演芸場で開催された。同寄席は、東部ゴム商組共済会の団体定期保険加入促進の一環として開催されている。

 第13回目の今年は2日合計で約500人の鑑賞希望者が来場し、両日とも満席の盛況となった。初日の17日は落語を中心に奇術や漫才、講談が行われたほか、仲入り前にはテレビやラジオ、雑誌等活躍の場を広げ、いま最もチケットが取れない落語家と評される春風亭一之輔師匠が演目「初天神」を好演し、会場を沸かせた。

 仲入りでは、東部ゴム商組の山上茂久理事長が登壇し、「共済会の主な事業は秋の寄席会、そして春の新入社員・若手社員を対象にのビジネスマナー研修を行っているが、本業は団体定期保険である。この団体定期保険には現在106社が加盟し、約3000人加入している」と説明した上で、「加入が増えれば、共済会としてもこうした活動を多く行うことができる」と保険加入を呼びかけた。

 また、東部ゴム商組が今年12月で法的団体になって40周年を迎えることについても触れ、「11月27日に記念ゴルフ会、来年2月1日に40周年記念式典を帝国ホテル孔雀の間で開催する。会場におられる皆様もぜひこ記念周年事業に参加してほしい」とあいさつを終えた。

 後半の演目にはジャグリングや粋曲が演じられ、トリは橘家文蔵師匠が演目「試し酒」を熱演。酒を飲むしぐさや表現、そして次第に酔いが回ってくる文蔵師匠の表情に観客は見入っていた。
 また仲入りでは、グループ保険加入会社の社員を対象に、クオカードが1日10本、両日で計20本当たる抽選会も行われた。3時間を超える寄席を堪能した観客は前座さんが叩くハネ太鼓の心地良い響きに見送られた。

 

関連キーワード: ·