ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー

デンカ 新日鉄住金化学のMS樹脂事業を譲受 関連会社が10月に

2018年07月05日

ゴムタイムス社


 デンカは7月5日、同社の持分法適用関連会社である東洋スチレンが、新日鉄住金化学のMS樹脂(メチルメタクリレート・スチレン樹脂)事業を10月1日付で譲り受ける契約を締結したと発表した。

 同社はシンガポールの子会社においてMS樹脂を生産しており、新日鉄住金化学のMS樹脂事業を東洋スチレンが取り込むことで、BCPを含めた同社グループの事業基盤のさらなる強化を目指すことにしている。

 今後は共同研究・開発等におけるシナジー効果を高め、高度な市場ニーズへの対応を図る方針としている。

 MS樹脂はスチレンとアクリルを共重合した樹脂で、アクリル樹脂に近い透明性・耐久性・表面硬度を持つとともに、吸湿率や比重が小さく成形性に優れていることから、薄型テレビ部材や光学レンズ、照明機器カバー等に使用されている。

関連キーワード: ··