ゴム・プラスチック・粘/接着製品の寿命予測と劣化加速の設定手法のバナー

シリコーンゴム特集 モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン 電気電子・自動車関連が堅調

2018年07月06日

ゴムタイムス社

 モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン(東京都港区)は、米国・欧州・アジアの各拠点から、グローバルなシリコーン事業を展開する。

 昨年のシリコーン事業の需要動向では、電気電子や自動車関連を中心に好調推移したことから、前年比プラスとなった。

 足元の動向を見ると、製品需要の急増による供給タイトが続いているものの、第1四半期は全体的に堅調に推移し、第2四半期も受注は順調に伸びているという。日本国内は電気電子・自動車関連での新規受注もあり、好調に推移している。一方海外については、各エリアとも売上は堅調で、とくに中国の大きな伸びが続いている状況だ。その要因として、「環境関連の規制強化が急速に進む中国は、商機が広がり、日本への受注も増加傾向にある」(同社)と捉らえ、通期は前年と比べ大きな成長ができると見込んでいる。

 同社のシリコーンエラストマービジネスでは、継続した成長が見込める自動車・電気電子・ヘルスケア分野などに注力し、欧州の先進の射出成形技術をもとに、豊富な使用実績を持つ液状シリコーンゴム「Silopren*LSR」、汎用・高強度・押出し成形用・電線用・耐熱グレード・帯電防止グレードと豊富なラインナップを持つミラブル(加熱硬化型)シリコーンゴム「Silplus*」の展開を進めている。

 今後の材料別の動向については、

本文:1253文字

シリコーンゴム特集 モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン 電気電子・自動車関連が堅調

キーワード: ·