ゴムタイムス70周年の画像
よくわかるゴム・プラスチック混練技術の基礎から応用のバナー

取材メモ 話題を集めるニッタの「Namd」技術

2018年05月18日

ゴムタイムス社


 中長期経営計画「V2020」フェーズ3を18年度からスタートさせたニッタ。フェーズ3では、フェーズ2で進めてきた3大チャレンジをさらに進化させるべく、①新事業・新製品の創出と成長、②グローバルマネジメントの推進、③トータルコスト競争力の向上―に重点的に取り組んでいく方針を掲げている。

 新製品・新技術に関しては、複数企業と共同開発を積極的に進めており、実を結んだものも少なくないという。

 例えば、同社独自のカーボンナノチューブ(CNT)分散技術と独自複合化技術「Namd(エヌアムド)」を用いた炭素繊維プリプレグ「Namdプリプレグ」は昨年8月以降、ヨネックスのバトミントンラケットやゴルフクラブ、テニスラケットのスポーツ用品