ゴムタイムス70周年の画像
1日速習セミナー!プラスチック材料の全体がわかるのバナー

グッドイヤー 天然ゴム調達に新方針 人権・環境を重視

2018年05月02日

ゴムタイムス社


 ザ・グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニー(グッドイヤー)は5月1日、天然ゴム調達へのコミットメントを強化し、新たな方針を設けたと発表した。持続可能な天然ゴム開発に向け、人権と環境保護への寄与を図る。

 天然ゴム調達の新方針は、ビジネス行動規範とサプライヤー行動規範のもと、長期的かつ持続可能なサプライチェーンを発展に導く7
つの原則から成り立っている。
 原則は①「人権」②「責任ある土地取得と利用」③「 トレーサビリティ」④「 天然ゴム加工」⑤「天然ゴムの栽培と収穫プロセス」⑥「小農地所有者への支援活動、エンゲージメント、コミュニティー支援」⑦「方針の遂行と遵守」の7つ。

 「人権」では、天然ゴムのサプライチェーンに関与するすべての人権を守り、あらゆるレベルで積極的な労働環境を育成するよう努める。

 「責任ある土地取得と利用」では、森林破壊と土地争奪に関与することなく、環境に配慮した社会的責任を負う天然ゴムサプライチェーンの推進に努める。

 「トレーサビリティ」では、天然ゴムのサプライチェーン全体を通して流通の透明性向上の実践に努める。

 「天然ゴム加工」では、天然ゴムの加工業者が、責任を持って環境に配慮した方法で製品を製造することを期待する。

 「天然ゴムの栽培と収穫プロセス」では、サプライヤーに対し、現在植林されている、またはこれから再植林される天然ゴムの栽培には最もよく知られている手法を用いることを促す。

 「小農地所有者への支援活動、エンゲージメント、コミュニティー支援」では、すべてのサプライヤーおよびサプライチェーンに関わるメンバーにコミュニティー支援を奨励し、既存の小規模農園所有者の生産力および生活レベルの向上を目指す。

 「方針の遂行と遵守」では、この方針と原則の、汚職が無く透明性のある遂行に尽力する。
 
 同社は、この新方針の遂行と遵守が、天然ゴムが生産される世界の各地域における森林破壊、土地の争奪、人権問題の取り組みに有効であるとしている。

関連キーワード: ·