ゴムタイムス70周年の画像
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー

東ソー CRなどが稼働開始

2018年04月12日

ゴムタイムス社


 東ソーは4月11日、同社南陽事業所(山口県周南市)で4月6日に発生した感電事故後の生産再開状況を発表した。
 同社によると、稼働を再開したのは、エチレンアミン、臭素、トヨパール、ジルコニア、ハイシリカゼオライト、ポリエチレン、クロロプレンゴム(CR)、クロロスルフォン化ポリエチレン(CSM)、電解、重曹、ポリカーボネートジオール(PCD)、セメント、東ソー・ファインケム、東ソー・シリカ、東ソー・エスジーエムの各生産施設。
 一方、塩ビモノマーは4月15日、MDI、TDI及びTDI誘導品は4月16日、HDI及びHDI誘導品は4月17日、ペースト塩ビは4月19日にそれぞれ稼働を再開できるよう準備を進めている。

関連キーワード: ·

導電性カーボンブラック(ゴム・プラスチック用)の特徴と活用方法、トラブル対策のバナー
ゴム・プラスチック材料の破損・破壊原因の事例と解析法のバナー
現場で役立つゴム金型の基礎知識・金型の選び方のバナー

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー